美容

ダウンタイムを理解しておく

美容

眼瞼下垂の治療を行なう人は、手術後のダウンタイムなどを理解しておくと良いです。ダウンタイムとは、治療を行なった後から通常の状態に戻るまでの日数のことです。眼瞼下垂の治療を行なった後にダウンタイムが続くことで、学校や会社などを休まなくてはいけません。眼瞼下垂の治療は、切開がほとんどですので、その時に1から3ヶ月の目安と考えておくと良いです。このダウンタイムを回復に個人差がありますが、ほとんどの人は3日から5日後に腫れが表れることがあります。眼瞼下垂の治療が終わった1週間後には抜糸を行ないます。この時、女性の場合は抜糸が終了するまでは、アイメイクができません。眼瞼下垂の手術を行なう時は、手術前の麻酔が痛いと言う声がほとんどですので、そこだけを乗り越えることができれば簡単に手術は終了することができるでしょう。

眼瞼下垂の中では、切開をしなくても行なうことができる手術もあります。この切開を必要としない治療は、腫れやダウンタイムの症状が表れることがほとんどありません。腫れの症状があったとしても切開よりも少ない症状になります。この眼瞼下垂の手術は、まぶたの裏側から糸を通していので、手術時間も短く済みますし、抜糸の必要もありません。また傷跡も残らない治療になりますので、傷跡を気にする人はこのような手術を行なうと良いです。また、痛みを伴うと言えば手術を受ける前の麻酔ぐらいですので、この痛みを抜けることで安心して受けることができます。仕事や学校を長期的に休むことができない人は切開しない手術を選ぶと良いでしょう。